医師のアルバイト

医師の雇用形態と利点

色々もんだいがあります。

非常勤の医師という働き方 

非常勤の医師という働き方について説明します。まず、常勤とは、健康保険法で定義されている「1日8時間程度の勤務、1週間で32時間、週に4日勤務」という条件に満たない点が異なります。雇用形態も、パートやアルバイトのような「非正規雇用」であることがほとんどです。ただ、医師免許は難関の国家資格であるため、一般的なパートやアルバイトに比べれば給料はかなり高めに設定されています。また、多くの病院では「時給」ではなく「日給」制を取り入れており、「日勤」や「当直」など、勤務時間の違いによって日給が異なります。非常勤での勤務は、常勤との掛け持ちが可能であり、それによって収入のアップが見込めます。また、仕事による心身への負担も、常勤に比べると少なめです。勤務する日も自分で自由に決めることが出来るため、仕事と自分の予定を両立させた働き方が出来ます。ただし、非正規雇用であるため、労働条件の変更や急な解雇の可能性があることを忘れてはいけません。

医師としての常勤の働き方 

一般的な会社に、正社員とアルバイトがいるように、病院で働く医師にも大きく分けて2種類の働き方があります。それは、常勤と非常勤という働き方です。会社でいう正社員とアルバイトという働き方と考えていいです。病院でいつも診察してくれる方が正社員で、ある曜日や時間に診察を行うのがアルバイトと考えたらいいです。当然、正社員とアルバイトという違いで、待遇面での差があります。正社員には、社会保険や雇用保険があり、福利厚生面で安定していますが、アルバイトにはそれがありません。会社の正社員とアルバイトのように、アルバイトの方が当然時間的拘束は短く自由があります。しかし、正社員である常に病院で働いているので日々進歩する最先端の医療の現場で働いていますので医療の進歩から置いて行かれる心配はありません。自由なアルバイトである医師は、時間的な拘束が少ない分最先端の医療に常に身を置く事は出来ません。それぞれのメリットがありますが、安定を考えれば常勤の方がいいです。

医師の雇用形態情報

新着情報

© Copyright 医師の雇用形態と利点. All rights reserved.